FES professional kit

FESフラワーエッセンスの特徴と魅力

フラワーエッセンスは、英国人で医師のバッチ博士が1920年代に今のフラワーエッセンス療法の形に体系づけた28本のシリーズと、

 

その後  現代に生きる私たちをサポートするために世界中で作られている数多くの

フラワーエッセンスメーカーの中から

 

(女性の社会進出が進んだり、子どもを取り巻く環境の変化、電磁波や原子力の問題、人類のスピリチュアリティへ目覚めめ、など 1920年代とは違う、現代に生きる私たち特有のテーマをサポートするためのフラワーエッセンスが世界各地で作られています)

 

北アメリカで作られている Flower Essence Society (FES)のエッセンスを使っています。

 

数多くある「現代のフラワーエッセンス」の中からFESを選んだ理由は、

 

・私たち人間は自然界と一体である。So above, as below という
 アルケミー(錬金術)の理論に基づいて作られているところ

・医師であり錬金術師でもあった パラケルスス

・ユングやシュタイナーの哲学・思想

・ゲーテの植物観察
(フラワーエッセンスとなる植物の丁寧な観察から入ります。
植物の育っている環境や色、香りなどの外観などからその花の表現する特徴の中に
わたしたち人間の魂と呼応する特性とを結び付けていきます)

・臨床データを蓄積し研究しているところ

(FESはフラワーエッセンスの世界に科学的臨床アプローチを取り入れた、
画期的な存在として世界中から注目されています。
30年以上にわたり世界中のプラクティショナーの協力のもとに蓄積された
経験的臨床データにより、効果が確かなものとして証明されたものだけを
製品として販売しているんです!

わたしはカリフォルニアのテラ・フローラを訪れて
FESフラワーエッセンスの植物が育てられている環境、(自然の四大元素である大地、水、空気、火が完璧なバランスで整えられた、とても美しく優しいエネルギーに満ちた場所でした。)に身を置き、

また、作り手であるリチャードとパトリシアの人間、自然界への愛に触れたことで

FESのフラワーエッセンスは効果があって当然だ、と確信しました^^)

 

・バッチ博士の考え方をとても大切にしていてバッチ・フラワーとの組み合わせもしやすいところ

 

・繊細で色鮮やかな、見ているだけで幸せになるお花たちの繊細で美しいエネルギー

 

・ラベンダーやカモミール、ローズマリー、ペパーミント、レモンなど
アロマでお馴染みの植物のエッセンスもたくさんあるところ

 

などなど、FESのフラワーエッセンスに魅かれた理由はいろいろあるのですが

 

なかでも、30年間にわたる臨床データ研究から人間の魂の変容のプロセスをFESが独自に体系づけた

メタ・フローラシステム(魂の開花のプロセス)に、たまらなく魅かれたからなのです。

 

メタフローラ・システムでは、魂が変容のプロセスでたどるステージが、

 

1. 月のステージ
 
 
 
2. 火星のステージ
 
 
 
3. 水星のステージ
 
 
 
4. 木星のステージ
 
 
 
5. 金星のステージ
 
 
 
6. 土星のステージ
 
 
 
7. 太陽のステージ
 
 
 

8. 地球のステージ

 

と、惑星に対応しているんです。

 

月から地球まで、各惑星に対応したテーマに取り組んでいくことで、
魂を形づくる8枚の花びらを全て開いていくのです。

 

各ステージに対応するフラワーエッセンスを使って。

 

占星術もフラワーエッセンスも大好きな私にはたまりません。

 

メタフローラの各ステージについては、また少しずつ書いていきますね。

 

Free-Photos / Pixabay

関連記事

  1. 【ホリー】嫉妬や劣等感で苦しんでいるあなたへ

  2. 【FESジョシュアツリー】家系を癒すフラワーエッセンス

  3. 【フォーゲット・ミー・ノット】愛する人を失った悲しみを癒やすフラワーエ…

  4. 2018年夏 カリフォルニアFESプロフェッショナルコース①

  5. 【FESインディアン・ピンク】やることがたくさんあり過ぎる時に

  6. 【FESヤロウ】外部の影響から自身の繊細さを守る

  7. コロナとフラワーエッセンス

  8. マリポサリリー:インナーチャイルドを癒すフラワーエッセンス

Copyrighted Image