植物の癒しとは

世の中に様々なセラピーやヒーリングがある中、なぜ私は植物の癒やしに惹かれるのだろう? と考えてみました。

植物に憧れ、羨望、尊敬の気持ちがまずあります。

私たち人間をはじめとする生物は、無機物から有機物を作ることが出来ず、その生命活動を植物に依存しています(植物がないと生きていけない)が

植物は自ら光合成をして有機物を作り出し生命活動を営んでいる、独立して完結した存在、かつ他の生物の生命を支えている存在であるということ、

 

そんなことを知らなくても、側に行けばわかる、その優しくて完璧なエネルギー。

完璧に美しい色や形、香り。

 

何になろうとか、何かを頑張ろうとか、何かを教えようとかせず、ただ太陽の光を受けて成長し、それぞれの花を、実をつけて、ただそこに在るだけで完璧に美しい存在。

humming3578 / Pixabay

 

そんな植物の在りように たまらなく惹かれるのが一つ。

 

 

もう一つは、

植物の癒やしは、私たちが自分で良くなる、自分で気づく、きっかけとしての癒やしであることです。

 

私は基本的に、誰かにアドバイスをするのも、アドバイスされるのも好きではありません。

本当のところは自分にしか分からないし、本当の変化は、自分自身で気づくことによってしか起きない、と思っています。

植物を使ったヒーリングは、アロマ(香り)であれフラワーエッセンスであれ、

こうしなさい、というものではなく「気づき」をもたらしてくれるものです。

好きだなって感じる香りを使っているうちに自分自身の不調和に気づいたり、本当の気持ちに気づいたり

フラワーエッセンスを飲んでいるうちに長年の思い込みが思い込みだったことに気づいたり

いろんなことが起こりますが、あくまで主体は「私」。自分が気づくのです。

植物はそのための触媒のようなもの。

 

だから、優しい。

そしてパワフル。

 

完璧で美しく、優しくて力強い。

 

 

そんな植物のヒーリングに携われることを、神聖で光栄なことだと思っています。

 

 

flower alchemy samnail 02

関連記事

  1. flower alchemy cover

    月と香りの錬金術について

  2. 【乙女座新月】意識して身体のケアを始める時。

  3. moon and woman

    【蟹座満月】わたしがわたしに戻る場所

  4. 【牡羊座満月】はじめにあった情熱に光を

  5. 三日月の香り

  6. 【太陽射手座のシーズン】限界を超えてもっと自由に

  7. moon and woman

    天秤座満月~美しい世界を創る~

  8. flower alchemy samnail 02

    【山羊座満月】仕事ではなく「思い」にフォーカスする

Copyrighted Image