聖なる女性性を開くレムリアン・ヒーリング®

愛と光の文明

 

レムリアのことをご存知ですか?

 

レムリアとは
太古に存在していた「愛の文明」です。

 

 

現在の太平洋に存在し、
西はオーストラリア
東はアメリカの西海岸まで広域に達していました。

 

 

 

レムリアは、青い海に浮かぶ島々の集合体で形成されていたことから
「ブルーレムリア」と呼ばれ、
ブルーはレムリアのイメージカラーになっています。

 

 

 

現在のハワイの島々は沈んだレムリアの山頂です。
そのため、ハワイにはレムリアのエネエルギーが今もたくさん残っています。

 

レムリアは
多くの女神たちと深い繋がりを持ち
女神たちに守られた世界でした。

 

 

レムリアの女神のグループで主な存在だったのは
風、火、水、大地のグループで

 

すべての女神の中心には

「愛の女神」が存在していました。

 

JillWellington / Pixabay

 

 

そんなたくさんの女神の
「聖なる女性性のエネルギー」といつも繋がることで

 

 

レムリアの人々は

 

 

自らのハートを開き
愛を伝えあう、

 

 

競うのではなく
支え合う、

 

 

誰もが義務ではなく
魂の願いを生きる、

 

 

そんな世界を実現していたのです。

 

 

 

 

レムリアではまた、
「分かち合い」がとても大切にされていました。

 

 

 

レムリアの人々は
ハートとサードアイ(第3の目)を使ってエネルギーを交換し、
お互いのことを分かち合うことをとても大切にしていました。

 

 

 

誰一人として「落ちこぼれ」「置いてきぼり」がないように、
全体で支えあい、サポートしあうグループ社会であったことも

 

 

 

愛の世界レムリアの特徴です。

 

 

自然との調和

 

またレムリアの人々は

 

 

自然を心から愛し
自然と完全に調和して暮らし

 

 

人も動物も自然もすべてバランスがとれていたため
災害というものがありませんでしたし

 

 

 

 

最高で5次元に達していたレムリアには

 

 

マーメイド、

ユニコーン、

ペガサス、

ドラゴンなど

 

 

現在では見られなくなってしまった
光の仲間も存在していました。

 

 

 

今の3次元の自然にはない色もあり
紫の森、ゴールドの花など
美しい草木も見られたと言われています。

 

 

 

 

愛と光に満ちたレムリアは

現在は失われてしまったたくさんの贈り物がある

素晴らしい世界だったのです。

 

 

Pexels / Pixabay

 

 

レムリアンヒーリング®とは

 

 

そんな愛の文明レムリアで行われていたヒーリングをベースに

現代の地球に合う形で女神から降ろされたのがレムリアン・ヒーリング®です。

 

 

 

聖なる愛のヒーリング」とも呼ばれるレムリアン・ヒーリング®では

 

ヒーラーは

 

創造主の光とともに
聖なる女神のエネルギーを降ろして
クライアントに流します。

 

 

聖なる女性性のエネルギーでハートを癒すので

 

 

あなたの中の「聖なる女性性」が目覚め、開花し

 

 

愛し、愛されること

受け取ること

 

 

が自然にできるようになっていきます。

 

 

cocoparisienne / Pixabay

 

 

レムリアの人々は

祝福の川に運ばれるようにして夢という目的地に到着する

ことをマスターしていたと言われます。

 

 

受け取る力(=女性性)が開くことで

誰もがレムリアの人々のように

 

 

宇宙の大いなるパワーと繋がり

祝福を受け取り

宇宙に感謝をし

輝くような幸せな毎日を生きる

 

 

 

それを可能にしてくれるのが
レムリアンヒーリングなのです。

 

JillWellington / Pixabay

 

 

ブループリントが動き出す

 

レムリアンヒーリングにはもう一つ大きな特徴があります。

 

レムリアンヒーリングでは

第3の目(眉間の上)の後ろにある「松果体」にたっぷりと光を注ぎ込みます。

 

 

松果体には「創造主の細胞」と呼ばれるものがあり、その中に
わたし達一人一人の「ブループリント(魂の青写真)」が保存されていると言われています。

 

 

松果体に光を注ぎ込み、このブループリントを活性化することで
自分の魂が計画してきた人生を生きていけるようサポートされます。

 

 

また、各自の創造主の細胞に書かれている健康な状態に戻し、
本当の自分を目覚めさせ、
才能、能力を発揮していけるようになるのです。

 

 

jplenio / Pixabay

 

 

Copyrighted Image