FES professional kit

FESフラワーエッセンスの特徴と魅力

フラワーエッセンスは、英国人で医師のバッチ博士が1920年代に今のフラワーエッセンス療法の形に体系づけた38本のシリーズと、

その後  現代に生きる私たちをサポートするために世界中で作られている数多くの

フラワーエッセンスメーカーの中から

 

(女性の社会進出が進んだり、子どもを取り巻く環境の変化、電磁波や原子力の問題、人類のスピリチュアリティへ目覚めめ、など 1920年代とは違う、現代に生きる私たち特有のテーマをサポートするためのフラワーエッセンスが世界各地で作られています)

 

北アメリカで作られている Flower Essence Society (FES)のエッセンスを使っています。

数多くある「現代のフラワーエッセンス」の中からFESを選んだ理由は、

 

・アルケミーの理論に基づいて作られているところ

・医師であり錬金術師でもあった パラケルスス

・ユングやシュタイナーの哲学・思想

・ゲーテの植物観察

・臨床データを蓄積し研究しているところ

(FESはフラワーエッセンスの世界に科学的臨床アプローチを取り入れた、画期的な存在として世界中から注目されています)

・バッチ博士の考え方をとても大切にしていてバッチ・フラワーとの組み合わせもしやすいところ

・繊細で色鮮やかな、見ているだけで幸せになるお花たちの繊細で美しいエネルギー

・ラベンダーやカモミール、ローズマリー、ペパーミント、レモンなど アロマでお馴染みの植物のエッセンスもたくさんあるところ

 

などなど、FESのフラワーエッセンスに魅かれた理由はいろいろあるのですが

なかでも、30年間にわたる臨床データ研究から人間の魂の変容のプロセスをFESが独自に体系づけた

メタ・フローラシステム(魂の開花のプロセス)に、たまらなく魅かれたからなのです。

 

メタフローラ・システムでは、魂が変容のプロセスでたどるステージが、

1. 月のステージ
 
 
 
2. 火星のステージ
 
 
 
3. 水星のステージ
 
 
 
4. 木星のステージ
 
 
 
5. 金星のステージ
 
 
 
6. 土星のステージ
 
 
 
7. 太陽のステージ
 
 
 

8. 地球のステージ

 

と、惑星に対応しているんです。

月から地球まで、各惑星に対応したテーマに取り組んでいくことで、魂を形づくる8枚の花びらを全て開いていくのです。

各ステージに対応するフラワーエッセンスを使って。

 

占星術もフラワーエッセンスも大好きな私にはたまりません。

 

メタフローラの各ステージについては、また少しずつ書いていきます。

 

Free-Photos / Pixabay

関連記事

  1. 【フォーゲット・ミー・ノット】愛する人を失った悲しみを癒やすフラワーエ…

  2. FESダンデライオンのフラワーエッセンス

  3. 2018年夏 カリフォルニアFESプロフェッショナルコース①

  4. 【FESエケネイシャ(エキナセア)】魂も身体も強めてくれるフラワーエッ…

  5. ホーンビーム:忙し過ぎて自分を見失いそうな時にお勧めのフラワーエッセン…

  6. 【レスキューレメディ】気づかなくても影響を受けている

  7. 【FESインディアン・ピンク】やることがたくさんあり過ぎる時に

  8. 考えても仕方のないことを考えてしまう時に

Copyrighted Image